HOME > インプラントの問題点に向けて

インプラントの問題点に向けて

インプラントの問題点に向けて

最近では、多くの患者さまが希望されるインプラントですが、まだまだその危険性などに疑問を持ち、逡巡される方もいらっしゃいます。
確かに成功率は着実に高まっていますが、何らかの理由によるトラブルも起きており、すべてがOKというわけではないのも事実です。
もちろん、ご相談にはいつでも担当医が対応しますが、いままでのご相談やご質問の中から、インプラントの問題点として考えられるものを解説しますので、ご理解を深める一助としてください。

計画段階の問題

歯を補うべき部分に、どんなインプラント治療を行うか。 いわゆるインプラントプランニングを入念に行うことで、 インプラントに関するたいていの問題はクリアできるといえるでしょう。 それくらい事前の準備が重視される治療なのです。

まず、レントゲンやCTなど一連の検査を実施します。
そこでの最大のチェックポイントは、インプラントを支えるのに十分な骨の厚みや軟組織(歯肉)があるかどうか、ということ。それを確認するために、器機による画像診断のほか、当院担当医は触診を行うことも。そして骨量が足りない場合に講じる対策のほか、使用するインプラント器具の選択など、患部や治療についての必要な情報、計画がすべて揃ったところで、最適かつ最終的な判断が下されます。

さらに、そうしたインプラント治療に関わる診断、プランニングについて必須なのが、その患部だけでなく、他の歯や歯ぐき、歯周病の有無など患者さまのお口全体の状態のほか、メインテナンスの習慣を含む患者さまの生活習慣など、トータルな視点で捉えた計画であるかどうかという点です。

たとえば、1カ所だけインプラントで治したとしても、後々、噛み合わせに不具合が生じたり、歯周病などで他の歯を次々と失ったりすることになっては、お口の健康とはほど遠くなってしまいます。
患部以外のトータルな口腔内情報も加味してはじめて、完璧なインプラントプランニングができるといえます。私たちは専門知識を駆使し、ご説明、治療内容の計画選択肢をご提供いたしますが、そこに患者さまの意向が合わさってしっかりとした計画になっていくのです。

ですので患者さまも気になる点は「事前に」どしどし質問してください。ご意見があれば遠慮せずおっしゃってください。それが出来てこそ患者さまも担当医も納得の行く治療が出来るのです。

器具や手術自体の問題

現在では、インプラントに使用する器具そのものの安全性は非常に高くなっています。

100以上のバリエーションの中から患部のサイズに合わせてフィットする最適なものが選べるうえに、骨の薄い患部でも適用できるタイプなど器具の進化が目覚ましく、それに伴い、手術自体も比較的安全に行えるようになってきました。
インプラントの上部構造(かぶせる歯の部分)についても、金属系が主流だったのが、現在では見た目の色や形が自然な歯に近いセラミック製の種類も増えています。

予後のトラブルやメンテナンスの問題

どんなに優れた器具であっても、インプラントは身体にとっては異物でしかありません。

そのため、本来、患部の骨と埋めたインプラントが結合(骨結合=オステオインテグレーション)して、しっかりとした土台となるべきところ、骨質や患部の状況次第では異物扱いされて、稀にゆるんだり、はずれたり、といった現象が起きることがあります。

たいていは手術後1カ月から行う検診で判明するので、その場合はインプラントを入れ直すという対策を講じます。すると、今度こそ、人間に備わっている、傷を治そうとする強い治癒力で完全に結合するケースが多く見られますが、再手術の結果は、その後の定期検診で確認します。また、噛み合わせに問題がある場合も、予後の検診でわかれば、修正治療を行います。

さらに、最も重要な問題がメインテナンスです。手術自体が成功しても、その後のメインテナンスが悪いと思わぬトラブルが起こる場合があるからです。

ただ、予後のメインテナンスといっても、特別なことではありません。インプラントの歯周病を防ぐために、日々のご自分の正しいブラッシング習慣を基本に、3カ月ごとに来院のうえ、歯科衛生士によるプロフェッショナルクリーニングや院長による検診を受けていただくこと。
そう、これは子どもから大人まで、一般歯科などでも推奨しているメインテナンスとほとんど同じなのです。ですから、インプラント治療+そのほかの歯のケアという意味でも、きちんとしたメインテナンス習慣を身につけることが将来のお口の健康につながる、というわけです。